• 先輩VOICE!
駒田印刷に入社する前、あなたはどんな学生でしたか?
人と話すのはあまり得意ではありませんでした。営業という職種なので、最初は不安でしたが、毎日お客様と接する事で慣れていき、今では楽しいと思えるようになりました。
駒田印刷に入社する前と後、会社や仕事の印象は変わった?
印刷会社と聞くと印刷物を刷る機械があるのだろうな程度のイメージでしたが、実際に入社してみると1からデザインを制作する部署や、企画やHPを担当している人もいることを知り、印刷会社のイメージががらっと変わりました。
最終的にここにしよう!と決意したポイントはなんですか?
インターンで先輩社員の方と同行して一日の仕事の流れが身近で見られた事が決め手になりました。一人で何社ものお客様を抱えて同時進行する仕事をたった一人でこなす事は大変だと思いましたが、逆にやり方次第では自分で解決できる事も多く、 自分に合っていると思ったからです。
あなたが思う駒田印刷の強みはなんだと思いますか?
印刷物にとどまらず、ホームページや動画制作など様々な要望に柔軟に対応できる所です。
ヤリガイを感じた!と思うエピソードを具体的に教えてください。
飲食店のショップカードを1からデザインしてほしいとのお話をいただき、デザイナーと一緒に店長と数回打ち合わせをしました。費用やデザインの面で苦労しましたが、妥協をせず理想の物ができたと店長の笑顔を見たときはとてもうれしかったです。数ヶ月後友人がそのショップカードを持っており、仕事とは関係のないところで自分が携わった印刷物が人の手に渡っているところを目の当たりにした時、やりがいを感じました。
自分がした仕事の中で思い出深いものを教えてください。
印刷物の色に厳しいお客様との仕事で、何度色校正を出してもなかなか納得していただけず『もう少し赤みを強く、でも暗くならないように』などの微調整を経てやっと理想の色になったときにはほっとしました。印刷物の色の出方についてとても勉強になり、お客様が喜んでくれた事が強く印象に残っています。
仕事で「難しいなぁ…」と思う時ってどんな時ですか?
お客様と実際に印刷物を制作する現場を繋ぐのも営業の仕事です。印刷物ができるまでの期間やかかる費用等でお客様の希望に添えない事があった時、現場の方に無理強いして解決するのではなく、別の提案をするなどして解決していくのが難しいと感じます。そのあたりは経験を積んで克服していきたいです。
駒田印刷を動物に例えたらナニ?またその理由は?
亀:創業100年間近で長生きだから。歩みは遅いですが、しっかりと着実に前進している様が駒田印刷らしいと思います。
あなたはこの先この会社でナニを成し遂げたいですか?野望は?
現在、担当しているお客様の問題解決ができるような提案をひとつでも多くすることです。お客様との普段の会話の中から小さな不満も見逃さず、駒田印刷で手助けできる事があれば何でも提案できればと思います。
どんな人に後輩として入社してきて欲しい(いっしょに働きたい)ですか?
社内、社外と様々な人と関わって仕事を進めていく事が多いためコミュニケーションが好きな方に入社して頂きたいです。
ページトップに戻る
駒田印刷に入社する前、あなたはどんな学生でしたか?
ゼミとバイトに励む学生でした。
駒田印刷に入社する前と後、会社や仕事の印象は変わった?
会社の印象は変わりませんでしたが、仕事の印象は変わりました。
想像していたよりもデジタルの仕事が多く、仕事の幅広さに驚きました。
最終的にここにしよう!と決意したポイントはなんですか?
印刷物を作るという仕事への興味と社内の雰囲気です。
あなたが思う駒田印刷の強みはなんだと思いますか?
Q2と同じになりますが、できる仕事が幅広いことです。
ヤリガイを感じた!と思うエピソードを具体的に教えてください。
初めて一人でクライアントとやり取りして作ったデザインの専門学校のDMが、完成したときにやりがいを感じました。慣れない仕事で、クライアントの修正の指示もなかなか理解することができずに苦労しましたが、ちゃんとした印刷物として形になって専門学校に置いてあるのを見て、とてもうれしく感じました。
自分がした仕事の中で思い出深いものを教えてください。
美術の塾のパンフレットの仕事が、思い出深いです。作品をパンフレットに多数載せているのですが、色に大変こだわりがあり、作品の色に対して細かな修正の指示が入ります。本番の印刷でも、印刷機を動かすオペレーターと希望の色に刷れているかどうかのチェックを一緒に行い、「ちょっとこの色は違うのではないか」、「ちょっと赤っぽいのではないか」などと話し合いながら印刷をしました。
仕事で「難しいなぁ…」と思う時ってどんな時ですか?
クライアントの意向をくみ取れなかった時です。クライアントの希望をうまく聞き出せなかったり、取り違えてしまったりすることがあります。イメージと違うデザインになってしまった時に、クライアントの希望通りのものを作るのは難しいと感じました。
駒田印刷を動物に例えたらナニ?またその理由は?
クジラだと感じます。駒田印刷は創業100年が近づいている中、流行りに遅れないスピードで進んでいると感じました。クジラは、寿命が長く、泳ぎのスピードも時速50キロとなかなかの速さなので、クジラを選びました。
あなたはこの先この会社でナニを成し遂げたいですか?野望は?
成し遂げたいというよりかは、できるようになりたいと思うことですが、クライアントの指示にただ従うのではなく、クライアントの目的(例えば、集客など)を達成できるようなものを作れるようアドバイスができる営業になりたいです。
どんな人に後輩として入社してきて欲しい(いっしょに働きたい)ですか?
お客様に対しても、周りの人に対しても、優しさをもって接することができる思いやりのある方と一緒に働きたいです。
ページトップに戻る
駒田印刷に入社する前、あなたはどんな学生でしたか?
好奇心旺盛な学生でした。デザイナーになったらこんな事をしたい。など思いが沢山あり、いろいろ妄想していました。
駒田印刷に入社する前と後、会社や仕事の印象は変わった?
学生時代に会社見学に行ったときは昔ながらの建物にびっくりしました。
いざ入って見ると、どんどん新しいことに挑戦していて新鮮でしたし沢山の刺激がありました。
最終的にここにしよう!と決意したポイントはなんですか?
沢山のことに挑戦できる環境と、社員の方々の優しくてアットホームな印象に惹かれました。
あなたが思う駒田印刷の強みはなんだと思いますか?
臨機応変な対応力だと思います。お客様の様々な要望にすぐに対応できるよう、日々精進しています。
ヤリガイを感じた!と思うエピソードを具体的に教えてください。
全国に配布される冊子の制作で、製作期間も長く、お客様からの要望も多い中、会社全体で協力してやり切ったことです。何度もくじけそうになりましたが、励ましの言葉や協力してくれる仲間のおかげで校了までたどりつけたことは一生忘れないと思います。
自分がした仕事の中で思い出深いものを教えてください。
建物の外壁デザインを初めてしました。自分至上最大(面積としては)の制作物だと思います。初めてのことが多かったのですが、完成後、実際に見に行ってみると鳥肌が立つくらい興奮しました。
仕事で「難しいなぁ…」と思う時ってどんな時ですか?
自分自身で良いと思う事が必ずしも正しいわけではなく、お客様や営業さんとのギャップがあるとデザインが上手くいかないことが多々あります。
だから打ち合わせがとても重要だと常々感じます。
駒田印刷を動物に例えたらナニ?またその理由は?
カメレオンでしょうか。その時代やニーズに合わせて色を変えることができるからです。
あなたはこの先この会社でナニを成し遂げたいですか?野望は?
私達は伝えることを手助けする仕事をしています。未だになかなか認知されていない事柄や情報を世の中に伝えることで社会貢献できる仕事をしたいと思っています。
どんな人に後輩として入社してきて欲しい(いっしょに働きたい)ですか?
明るく元気な子で様々なことに興味を持ってくれる子と仕事をしていきたいです。
ページトップに戻る
駒田印刷に入社する前、あなたはどんな学生でしたか?
元々面倒くさがりな性格なのですが、学校の授業や制作に関しては手を抜かず、締め切りをしっかり守る真面目な学生でした。
作品制作では、真面目さゆえの頭の硬さが邪魔をして表現の幅を広げることが難しかったのですが、丁寧な作業や締め切り等を守る真面目さは社会人になって大切だと気付きました。
駒田印刷に入社する前と後、会社や仕事の印象は変わった?
特に変わった印象はないです。
というのもインターンシップで何度か社員の方に混じって長時間作業する機会があり、社内全体の雰囲気を掴むことができたのでギャップはなかったです。
最終的にここにしよう!と決意したポイントはなんですか?
社内の雰囲気が自分に合っていると思ったからです。
あなたが思う駒田印刷の強みはなんだと思いますか?
様々な業種の制作に携われることです。
ヤリガイを感じた!と思うエピソードを具体的に教えてください。
病院のポスター制作で、コピーとイラストのシンプルなポスターでした。24種もあり多くて大変でしたが、金山駅のエスカレーターの壁一面に貼られているのを見たときは感動しました。
自分がした仕事の中で思い出深いものを教えてください。
入社してすぐに制作したチラシです。
A4片面のチラシだったのですが、今だったら1時間でできるものを3時間以上かけて制作しました。
初めてのチラシ制作だったし、残業もしたし、先輩を一緒に付き合わせたりで自己嫌悪になりながら帰宅した思い出があります。
仕事で「難しいなぁ…」と思う時ってどんな時ですか?
大学では広告を専攻していたので、どちらかというとビジュアルにおいて引くことを得意としていたのですが、
商業チラシなどの場合、とにかく情報を足す!盛り込む!ことが多いので、今だに情報整理等が難しいです。
駒田印刷を動物に例えたらナニ?またその理由は?
カメ。カメは長生きする生き物なので90年以上続いてる駒田印刷っぽいです。
派手さはないですが、地道にコツコツと地元に愛される印刷会社な面でもそう思います。
あなたはこの先この会社でナニを成し遂げたいですか?野望は?
特にないです。今まで通り自分のペースで制作、技術を吸収していけたら…
どんな人に後輩として入社してきて欲しい(いっしょに働きたい)ですか?
駒田印刷のデザイナーでは現在女性がいないので女性の方が入ってきてくれたら嬉しいです。
同年代の同性が今どんなデザインをしているのか気になるし、吸収していきたいです。
ページトップに戻る